弁護士紹介

弁護士加藤大喜

弁護士の加藤大喜です。平成14年10月に弁護士登録して以来、企業法務(クレーマー対応を含む。)、労働事件(使用者側)、交通事件、一般民事(家事事件を含む。)、破産事件等、数多くの民事事件に従事してきました。

取扱件数が多いのは、企業法務、労働事件(使用者側)、交通事件です。これらの分野は、過去の経験やノウハウの蓄積があるため、(自称)得意分野です。ただし、「得意分野」と言っても、同じ事件はないため、日々悩みながら職務遂行しているのが実情です。

これまでの経験を通じて、事件の種類を問わず、法的トラブルを解決するためには、まずは当事者(依頼者、相手方)の話をよく聞くことが大切であると考えています。このため、職務を遂行する上では、依頼者とのコミュニケーションを大切にしたいと思っています。

他方で、事件には相手がいるので、その解決にあたっては、相手の立場も尊重する必要があると考えています(ただし、「不正請求」は除く。)。そこで、私は、基本的には、相手方の立場も尊重した「円満な解決」、「和解による解決」を目指しています。

皆さんがこのホームページをご覧になったということは、不幸にも、法的トラブルの当事者になってしまったのだと思います。「出口の見えないトンネル」に入ってしまった心境ではないでしょうか。私は、このような方針に理解を示し、真に自分を必要としてくれる皆さんに寄り添い、紛争解決に向けて一歩ずつ共に歩んでいきたいと考えています。そして、そのための努力を厭うことはありません。

なお、以上が信条であるため、次の方のご依頼を引き受けることはしておりません。いずれかに該当する方は、申し訳ありませんが、ほかの弁護士に依頼してください。

  1. 「面倒なので、弁護士に全部任せたい。」と考えている方(当事者意識がない方)
  2. 「弁護士は、自分(依頼者)の言うとおりに動けばよい。」と考えている方(弁護士を道具のように考えている方)
  3. 「絶対に譲歩したくない。」、「徹底的に争いたい。」、「とことん相手を追及したい。」という方(和解する気がない方)
お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

電話番号リンク 問い合わせバナー