不貞・不倫の慰謝料相場について

配偶者が不貞したら、慰謝料請求を検討される方が多いですが、実際に慰謝料請求するときには、いくら請求するかを決める必要があります。

ところが、一般の方は慰謝料の相場に関する知識がないので、どのように計算したらよいか分からないのではないでしょうか。

以下では、不貞や不倫の慰謝料の相場について、弁護士が解説します。

1.不貞・不倫の慰謝料相場

不貞とは、法律用語で「不倫」「浮気」のことです。ただ、法律上の「不貞」というためには、配偶者と不倫相手に肉体関係があることまでが必要となります。

そして、不貞されたときの一般的な慰謝料の相場は、50万円~300万円程度となります。

非常に幅が広いので、具体的にどのようなケースでどのくらいの慰謝料になるのか、以下で見ていきましょう(あくまでも一般論なので、この点はご承知ください。)。

2.ケース別の不倫慰謝料の相場

2-1.夫婦が離婚しないケース

まず、不貞されても夫婦が離婚しないケースがあります。その場合、慰謝料はかなり減額されます。50万円前後になると思われます。

2-2.別居するなど関係が悪化したケース

離婚にまで至らなくても、別居状態になるなど、夫婦関係が悪化したケースでは、だいたい100万前後になると思われます。

2-3.夫婦が離婚するケース

夫婦が離婚に至った場合には、150万円前後が目安だと考えます。婚姻期間の長短や不倫期間の長短に応じて、同金額を基準に増減されると考えます。

3.慰謝料が高額になる場合

不倫の慰謝料が高額になるのは、以下のようなケースです。

  • 離婚に至った
  • 婚姻期間が長い
  • 不貞期間が長い
  • 未成年の子どもがいる
  • 不貞された配偶者がうつ病になった
  • 不貞された配偶者が退職を余儀なくされた

これらと反対のケースでは、慰謝料が下がるとお考えください。

4.肉体関係を立証できなかった場合

配偶者が不倫していると主張しても、不倫相手との肉体関係を立証することができないケースがあります。

この場合には、そもそも慰謝料が認められないこともありますが、一定の慰謝料が認められるケースもあります。

配偶者と交際相手が「不適切な関係」にある場合、そのことによって配偶者が精神的苦痛を受けると言えるからです。

ただし、肉体関係を立証できない場合、慰謝料の金額は50万円以下となることが多いです。

配偶者の不倫によって離婚を余儀なくされるのであれば、慰謝料も請求すべきであると考えます。この場合、弁護士が介入することで、より高額な慰謝料を支払ってもらえる可能性があります。

配偶者の不倫でお悩みであれば、一度、ご相談ください。

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

電話番号リンク 問い合わせバナー