慰謝料請求の流れ

配偶者が不倫していることが明らかとなった場合、不倫相手に慰謝料請求することができます。

しかし、どのような手順で進めていったら良いかわからない方も多いと思われます。

以下では、慰謝料請求の一般的な流れについて、ご説明します。

1.まずは、証拠を集める

配偶者の不倫を理由に慰謝料請求を考えているのであれば、まずは証拠集めをすることが重要です。証拠がなければ、相手が不倫を否定したときに、それ以上追及できなくなってしまうからです。

具体的には、メール、LINEのメッセージ、写真や探偵の報告書など、確実な証拠を準備しましょう。

また、不倫相手の特定(住所、氏名)も必要です。

慰謝料請求の流れ

2.内容証明郵便で請求書を送る

証拠が揃ったら、相手方に対し、「内容証明郵便」にて、慰謝料を請求する旨の書面を送付します。

内容証明郵便とは、郵便局や差出人の手元に控えが残るタイプの郵便物です。電話や普通郵便と異なり、請求意思が強いこと(当方の本気度)を相手方に伝えることができます。

内容証明郵便で慰謝料請求することで、電話で請求したり、普通郵便で請求したりする場合よりも、相手方が支払いに応じる可能性は高まるといえます。

慰謝料請求の流れ

3.交渉する

内容証明郵便で請求書を送ったら、相手との間で、慰謝料の金額や支払い方法について、交渉を開始します。相手が請求通りの金額を支払うというのであればそれで良いですが、多くのケースでは減額を主張されるので、検討が必要となります。

合意ができれば、その内容を「合意書」(和解契約書)という書面にまとめて、その内容に従って相手方から支払いを受けることになります(なお、相手方が約束した期日に慰謝料を支払ってくれたか、入金確認もきちんと行う必要があります。)。

慰謝料請求の流れ

4.訴訟を起こす

相手と交渉しても合意ができない場合や、相手が内容証明郵便による支払請求を無視する場合には、慰謝料請求訴訟を提起して解決を図ることになります。

きちんと法律的な主張と立証ができれば、裁判所が相手に対し、慰謝料を支払うよう命じる判決を出してくれます。そのためにも、不貞の事実を証明する証拠を収集しておくことが重要となります。

慰謝料請求の流れ

5.強制執行する

判決が出ても相手方が慰謝料を支払おうとしない場合には、判決に基づいて相手方の給料や預貯金などの資産を差し押さえることになります(これを「強制執行」といいます)。

強制執行を行うためには、相手方の勤務先、預貯金口座、契約している生命保険会社などを把握している必要があります。

以上のように、慰謝料を請求するときには、それぞれの段階で法的な対応が必要です。弁護士が代理人となることで、各段階で適切な対応が可能となりますので、慰謝料請求を検討されている場合には、お早めに弁護士までご相談ください。

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

電話番号リンク 問い合わせバナー