慰謝料請求をされた方へ

慰謝料請求をされた方へ

配偶者のある人と不貞関係(不倫関係)にある場合、配偶者に不倫を知られたら慰謝料請求される可能性が高いといえます。

多額の慰謝料を請求されてしまい、悩んでしまう方もいます。

慰謝料請求されたら、請求額を必ず支払わないといけないのか?どのくらいの支払義務があるかが問題となります。

今回は、慰謝料請求された場合の対処方法について、弁護士が解説します。

1.慰謝料請求を無視しているとどうなる?

不倫相手の配偶者から、ある日、慰謝料を請求するとの内容証明郵便が届いたとき、そこに書かれている金額の大きさに驚いてしまう方が多くいます。このようなとき、何もせずに無視をした場合、どのような問題があるでしょうか?

慰謝料請求を無視していると、配偶者から「慰謝料請求訴訟」が提起される可能性があります。つまり、裁判で訴えられてしまうということです。

裁判所から訴状が届いたにもかかわらず、これも無視すると、相手方の請求額を全て認容する判決が出てしまいます。そして,この判決が確定すると、あなたの預貯金や給料などが差し押さえられてしまう危険があります。

このため、慰謝料請求を受けたときには、無視することなく、きちんと対応する必要があります。

2.請求された金額が適正とは限らない

書面に記載された慰謝料額については、実際に、その全額について支払義務があるのでしょうか?

中には、請求金額から減額されることを予想して、実際の希望額よりも多少上乗せして請求しているケースも多々あります。このような場合には、相手方と交渉することで、減額してもらえたり、場合によっては、分割払いに応じてくれたりするケースもあります。

3.弁護士に依頼して、慰謝料を減額・分割払いできる

不倫していた当事者本人が請求者(不倫相手の配偶者)と直接交渉すると、感情的な面から、話合いが紛糾してしまうことが多くあります。

このような場合には、弁護士が代理人としての立場で交渉することで、冷静な話し合いを進めることが可能となります。また、ご本人の経済状況や支払い能力、反省の度合いなどを伝えるとともに、過去の裁判例を踏まえて、説得的に慰謝料の減額交渉を行うことになります。さらに、まとまったお金がない場合には、分割払いを求めます。

以上、一般論を書きましたが、そもそも不倫をしてはいけません。不倫をしている場合、このような事態に陥る危険があることを十分に認識してください。

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

電話番号リンク 問い合わせバナー