協議離婚の特徴とメリット・デメリット

協議離婚の特徴とメリット・デメリット

離婚の方法としては、大きく分けて「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」がありますが、中でも協議離婚はもっとも多く、離婚する夫婦のほとんどは協議離婚ではないでしょうか。

ただ、協議離婚にはメリットだけではなく、デメリットもあります。

以下では、協議離婚の特徴と流れ、メリット・デメリットについて、ご説明します。

1.協議離婚の特徴と流れ

協議離婚とは、夫婦が話し合いをして離婚することに合意し、離婚届を作成して役所に提出して離婚する方法です。

特徴は、当事者だけの話し合いで離婚できることです。また、細かい離婚条件を取り決める必要がなく、子どもの親権者だけ決めれば離婚できます。第三者が関与しないので、スピーディーに解決することが可能です。

協議離婚するときには、夫婦で話し合って、離婚することと子どもの親権者について合意する必要があります。もっとも、後日の紛争を防止するためにも、財産分与、慰謝料、養育費等の離婚条件についても、このときに取り決めをしておくべきです。

2.協議離婚のメリット

協議離婚のメリットは、以下の通りです。

2-1.手間がかからない

まずは、手間がかからないことです。協議離婚するときには、夫婦が自分たちで話し合いをして、役所に離婚届を提出するだけです。

裁判所で何らかの手続をとる必要もありませんし、調停委員や裁判官の関与も不要です。

2-2.費用がかからない

次に、費用がかからないこともメリットと言えます。自分たちで離婚届をもらってきて必要事項を記入して提出するだけですから、完全に無料です。

2-3.穏便に解決できる

協議離婚の場合、比較的穏便に離婚できるといえます。そもそも協議離婚で解決できるケースは、離婚原因や離婚条件について当事者間で激しく争っていないといえます(争いになっていれば、調停や訴訟による解決が必要となります。)。

子どもがいるケースなどで、離婚後も円満な関係を続けていきたい場合には、できるだけ協議離婚で解決した方が良いでしょう。

3.協議離婚のデメリット

3-1.後にトラブルを残すことがある

協議離婚のデメリットは、後にトラブルを残す可能性があることです。

養育費や財産分与、慰謝料などの取り決めをしていなければ、離婚後にこうした請求が行われ、紛争の蒸し返しとなってしまうことがあります。

また、離婚公正証書を作成していない場合には、相手方が不払いに及んだ場合、たとえ合意書があったとしても、養育費調停や慰謝料請求訴訟を行う必要があります。

以上のように、協議離婚は上手に利用すればメリットが多いといえますが、離婚条件の合意がきちんと行われていないと、後日、トラブルが起きる危険があります。

協議離婚を進める場合でも、弁護士が対応することで後日のトラブルに備えた対応が可能となります。これから離婚を進めようとされているならば、一度、ご相談ください。

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

電話番号リンク 問い合わせバナー