離婚の流れ

配偶者と離婚したいと考えたとき、どのような流れで手続を進めていけばよいか分からない方が多くいると思います。

以下では、一般的な離婚の流れ、進め方を解説しますので、離婚を進める際の参考にしてください。

1.相談

離婚に悩んだら、まずは一度、弁護士まで離婚問題についてご相談ください。ケースによって必要な対応方法が異なってくるので、ご相談者様に応じて適切な方法をご提案させていただきます。

方針についてご同意いただける場合には、ご依頼いただき、弁護士が代理人となって、離婚手続を進めることになります。

離婚の流れ

2.通知を送る

弁護士が代理人となって離婚手続を進める場合には、まずは弁護士が配偶者(相手方)に対し、受任通知を発送します。これにより、その後の交渉はすべて弁護士を通じて行うことになります。

弁護士から受任通知が届くことで、相手方も、離婚に向けた当方の決意を認識して、離婚問題に真摯に取り組もうとするようになります。

離婚の流れ

3.離婚交渉

引き続いて、弁護士が離婚交渉を行います。

離婚をするときには、親権問題、養育費の金額、財産分与の方法、慰謝料支払いの有無や金額など、さまざまな離婚条件について決める必要があります。

弁護士が、事前に依頼者様からご希望をお聞きして、それを相手方に伝えるとともに、同内容での解決となるように説得します。

ここで合意することができれば、協議離婚合意書を作成して、書面に合意内容をまとめます。このことにより、後のトラブルを防止するのです。

また、このとき、後の不払いに備えて、できれば離婚公正証書として離婚条件を書面化しておきます。

そして、離婚届を作成して役所に提出すれば、離婚が成立します。

離婚の流れ

4.離婚調停

交渉をしても合意できないケースでは、離婚調停を申し立てて、相手方との話し合いを継続します。

調停では、調停委員が間に入って話を進めます。調停委員から相手方を説得してもらえることもありますし、双方譲歩する内容での和解案を提示してもらえることもあります。

調停手続に弁護士が代理人として関与していれば、依頼者様の意向を法的な視点で整理して調停委員に伝え、他方で、調停委員からの説明をかみ砕いて依頼者様に説明することで、調停委員との間で無用な軋轢が生じることを回避することができます。

調停で合意ができたら調停が成立し、離婚ができます。

離婚の流れ

5.離婚訴訟

調停をしても合意できない場合には、最終的に離婚訴訟を提起しなければなりません。

訴訟をするときには、弁護士がいないと非常に不利になりますから、相手方も弁護士に依頼するでしょう。

離婚訴訟においても、裁判官から和解が勧められることがあります。にもかかわらず、当事者が和解に応じない場合には、最終的に、離婚請求を認容するか、離婚を認める場合の条件について判決が出ることになります。

以上が、離婚に関する大まかな流れとなります。離婚訴訟まで至ることは少なく、多くは協議離婚や離婚調停で解決しています。離婚問題でお困りの際には、一度、ご相談ください。

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

電話番号リンク 問い合わせバナー