調停離婚の特徴とメリット・デメリット

夫婦で離婚に向けた協議を重ねても合意することができず、協議離婚できないケースがあります。

その場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立て、「調停離婚」によって離婚する方法を検討すべきです。

もっとも、調停離婚のイメージがつかず、そのメリットやデメリットについて、不安を感じる方もいるでしょう。

そこで、今回は、調停離婚の特徴や流れ、メリット・デメリットについて弁護士が解説します。

1.調停離婚の特徴と流れ

調停離婚とは、家庭裁判所に離婚調停の申立てを行い、その手続内で夫婦が合意して離婚する方法です。

家庭裁判所の調停委員が話合いの仲介役となり、離婚に向けた話し合いを進める点に特徴があります。

調停離婚をするときには、まずは家庭裁判所で調停の申立てをします。

離婚調停を申し立てると、当事者双方に呼出状が届きます。そして、これを受けた夫婦は、家庭裁判所に出頭して離婚に向けた協議を行います。

一回で解決できない場合には、調停期日を重ねます。調停期日は、月1回程度の頻度で開催されます。

最終的に離婚に関する合意(調停)が成立したら、裁判所が調停調書を作成します。これを役所に持参すると離婚が成立します。

2.調停離婚のメリット

2-1.相手と顔を合わせずに離婚できる

調停離婚のメリットは、相手方と直接顔を合わせることなく、離婚に向けた話合いが勧められることです。これにより、お互いが感情的にならずにスムーズに進行し、円滑に合意に至るケースが多くあります。

2-2.相手に居場所を知られずに離婚できる

DVを受けている事案などでは、現在の居所を相手に知られたくないこともあります。そのようなとき、離婚調停を利用すると、現住所を秘匿したまま離婚することができます。

弁護士が代理人になっていると、弁護士の事務所を連絡先としてすべての手続を進めますし、裁判所においても常に弁護士が一緒に行動するので、非常に安心感が高くなります。

2-3.法的に妥当な解決を目指せる

離婚調停を利用すると、調停委員や裁判官が関与するので、法的に妥当な内容で解決できることが多いといえます。養育費の相場が分からない場合では、裁判所がケースに応じた適切な金額を提示してくれます。

3.調停離婚のデメリット

3-1.手間がかかる

調停離婚のデメリットは、手間がかかることです。裁判所への申し立ても必要ですし、何度も裁判所に行かなければありません。そのたび話し合いのために半日がつぶれてしまいます。

3-2.調停委員が味方についてくれるわけではない

調停をすると、調停委員が間に入ってくれますが、調停委員は、必ずしも味方になってくれるとは限りません。相手方の肩を持っているように感じてしまい、ストレスに感じる方もいます。

弁護士が代理人になった場合、依頼者様の言い分を法的に整理して、これを調停委員に伝えることが可能です。また、調停委員との無用な軋轢を回避して、結果として、有利に離婚調停を進めることが可能な場合もあります。離婚調停の申立てをご検討中の方やすでに離婚調停中の方は、一度お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

電話番号リンク 問い合わせバナー